「人と被らないボーダーT」選び。ベストアンサーはコレ!

「人と被らないボーダーT」選び。ベストアンサーはコレ!

人と被らなくて、おしゃれなボーダーT

フレンチカジュアルの定番で、“爽やかさ”の代名詞的存在ともいえるボーダーT。春夏シーズンになると無性に着たくなるアイテムではありますが、とにかく人と被りやすいのが悩みどころ。

先日、筆者も近所のカフェに着ていったところ、ボーダーTを着ている方を2人同時に見つけ、そそくさと席を移動しました。そんな風にちょっぴり気まずくなるリスクを抱えるよりは、いっそ人と被っても堂々とできるような、個性的でおしゃれなボーダーを手に入れたいもの。というわけで、「大人のフレンチカジュアル」を標榜する『EDIFICE』のスタッフに、ぴったりな1着を提案してもらいました。

手がけるのは、豪華すぎるトリプルネーム

「人と被らないボーダーT」選び。ベストアンサーはコレ!

『EDIFICE』の25周年を記念して作られた、スペシャルなボーダーT。手がけるのは、厳選した生産背景に「世界一正当なスウェットシャツ」を作ることで有名な〈LOOPWHEELER〉と、著名ブランドのコンサルタントを行う梶原由景氏が代表を務める〈LOWERCASE〉 です。

そんな、鉄壁の布陣で作られた1着は、国内でも数少ない吊り編み機を用いて丁寧に編み立てた天竺素材を採用した、なんとも極上の仕上がり。もっちりとコシのある質感は触れただけでも「モノがいい!」と感動できるほどです。

色使い、ピッチ、どれをとっても理想的

「人と被らないボーダーT」選び。ベストアンサーはコレ!

「人と被らないボーダーT」選び。ベストアンサーはコレ!

肝心のボーダー柄も、ブラック・ネイビー・ホワイトをそれぞれ異なる太さで配置することで、オーソドックスなそれとは一線を画す見栄えに。それでいて、カラーリングと線の太さのバランスがちょうどよく、この手のマルチボーダー柄にありがちな“子どもっぽさ”もゼロ。ボーダー選びで苦労していた筆者としても「待ってました!」と言わんばかりの傑作です。


あわせて読みたい

GetNavi webの記事をもっと見る 2019年5月20日のファッション記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。