デニムだろうと季節感は意識したい。気にすべきは、オンスと色とシルエット。

デニムだろうと季節感は意識したい。気にすべきは、オンスと色とシルエット。

通年穿けるパンツとして愛用されている方も多いデニム。しかしただいま、季節は夏。デニムだろうと、季節感というものを意識したいところです。そこで今回は、夏らしいデニムをご紹介。季節に合ったアイテムを選んで、スマートにファッションを楽しみましょう。


夏らしい色味

デニムだろうと季節感は意識したい。気にすべきは、オンスと色とシルエット。

GUILD PRIME MENS – クールデニム ¥16,200(税込)

夏らしい色味で攻めるなら、アイスウォッシュがストライク。『GUILD PRIME』はそれをスキニーシルエットで仕上げたスマートな一本です。

ストレッチが効いておりスキニーにありがちな窮屈感もなく、穿き心地も上々。使いやすい別色のブラックもチェック。

LOVELESS 新宿店 – 杉浦
スタッフページを見る この商品を詳しく見る

ブーツカットで差別化を

デニムだろうと季節感は意識したい。気にすべきは、オンスと色とシルエット。

EDIFICE – WRANGLER×STA-WEST’S×EDIFICE 25th デニム ¥23,760(税込)

スキニーやテーパードが定番人気ですが、ブーツカットも時には。『WRANGLER×STA-WEST’S×EDIFICE』の一本は、そんな裾に向かって広がっていくフレアシルエットが特徴。

三大デニムメーカーの一角を交えているだけあって、生地は綿100%の本格仕様。ちなみにオンスは12.5。「柔らかい素材で履きやすく、夏でも履いて頂けます」とのこと。エクスクルーシブモデルですので、お見逃しなく。


あわせて読みたい

GetNavi webの記事をもっと見る 2019年6月20日のファッション記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。