型崩れしたカバンが蘇る! 自立をサポートしてくれる「カバンの骨 BAG BONE」レビュー

型崩れしたカバンが蘇る! 自立をサポートしてくれる「カバンの骨 BAG BONE」レビュー

インナーバッグやビジネスバッグ用のアクセサリーを開発販売するハピネオの「カバンの骨 BAG BONE」。バッグの底に仕込めば型崩れや自立をサポートしてくれるこの商品、一体どのような使い心地なのでしょうか? 早速魅力に迫っていきます!

型崩れしたカバンが蘇る! 自立をサポートしてくれる「カバンの骨 BAG BONE」レビュー


●型崩れを補正してくれる「カバンの骨 BAG BONE」(ハピネオ)

細長い見た目をした同商品は、カバンやバッグの自立をサポートしてくれるアイテム。袋を開けると本体パーツ(大骨×2、横骨×2、底ゴム×2)、縮み防止パーツ([長]×2、[太]×2)が入っていました。芯材は国産の発泡ポリエチレンと上質なポリエステルを使っていて、とても丈夫そうな触り心地。どうやらこのパーツを組み立てて、カバンの型として扱うようです。

型崩れしたカバンが蘇る! 自立をサポートしてくれる「カバンの骨 BAG BONE」レビュー

組み立て方法は、まず底ゴムの輪っか部分を大骨の端に引っかけて通します。逆側も同じように行ったら、大骨に横骨を差し込みましょう。後はもう一方の大骨も組み立てれば完成です。説明書も同梱しているので、誰でも簡単に組み立てられますよ。

型崩れしたカバンが蘇る! 自立をサポートしてくれる「カバンの骨 BAG BONE」レビュー

できあがった“カバンの骨”は漢字の「四」によく似たデザイン。大きめのバッグを想定した「スタンダード」サイズとなっていて、マチが8cm以上でカバン外周が86cm~112cmのものに対応しています。底ゴムの輪っか部分を上げ下げすると“カバンの骨”のマチを調整できるので、様々なカバンに利用できそう。

型崩れしたカバンが蘇る! 自立をサポートしてくれる「カバンの骨 BAG BONE」レビュー

それでは使い心地を検証。底板のないエコバッグに仕込むと、カバンの骨がベースの役目を果たして自立しました。見映えもシャキッとした印象になり、物を入れてもしっかり形を維持します。重さが気になると思いきや、カバンの骨は140gしかないため重く感じることはありません。また底板のあるバッグは自立できるだけでなく、バッグの型崩れを補正することも可能です。

型崩れしたカバンが蘇る! 自立をサポートしてくれる「カバンの骨 BAG BONE」レビュー


あわせて読みたい

GetNavi webの記事をもっと見る 2019年10月9日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら