呼び出しの作法について

呼び出しの作法について
今回はmedtoolzさんのブログ『レジデント初期研修用資料』からご寄稿いただきました。

呼び出しの作法について
患者さんにもともと認知症があったりして、夜中に不穏になって、大声を出したり、点滴を引き抜いてしまったり、ひどいときには点滴棒を振り回したり、病棟の人員ではどうしても手に負えなくて、病院側が夜中にご家族にコールせざるを得ない機会が時々ある。

こんなとき、「○○さんの認知症が厳しすぎて病棟が大変なことになっています。今すぐ病院に来て、患者さんに付き添って下さい」という言葉で用件を伝えると、正しいことを言っているにもかかわらず、トラブルになる可能性が高くなってしまう。

目線が変わると見えかたは違う
白衣の威光効果はすごいから、たいていの場合は、ご家族の側から「迷惑をかけてすみません」なんて切り出されて、話は丸く収まるのだけれど、ご家族が実際に病院にやってきても、「ちゃんと話の分かる人ですから、よく言い聞かせれば大丈夫です」と怒られたり、あるいは「病棟が混乱しているのなら、専属のスタッフを誰か付ければそれでいいでしょう?」なんて“アドバイス”をもらって、電話を切られてしまうこともある。

こういう人たちに対して、「病棟の現状も知らずに無理難題を吹っかけるモンスターだ」と嘆くのは簡単だけれど、病院の側にも、落ち度はあるように思う。

「○○さんのせいで病棟が大変なことになっている」こと、それに対して「ご家族に付き添ってもらう」という解決策を提示することは間違っていないけれど、これらは病院の側から見えた正しさであって、ご家族から見た正しさとは、当然のように異なってくる。自分の目線から見た風景を説明して、「これが正しい」と言われたところで、ご家族は困ってしまう。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2011年4月1日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら