“顔の見える”被災地支援 八戸のレストランを“予約”して漁師さんと地元にエール!

“顔の見える”被災地支援 八戸のレストランを“予約”して漁師さんと地元にエール!
日本全国そして世界中から行われている被災地支援の取り組みは、資金や物資での支援から被災者が“もと通り”に働きながら暮らせるように考えるものに幅を広げつつあります。今回紹介するのは、青森県八戸市のレストランを“予約”して炊き出しを支援するというちょっとユニークなしくみ。震災で首都圏に魚を運べず困っている漁師さんや、客足が遠のいて困っているレストランのシェフを支えるとともに、被災した人たちにおいしいごはんを食べて元気になってもらおうと始まりました。



仕掛け人は、デジタルメディア研究所の橘川幸夫さんと亀田武嗣さん。東北地方とりわけ八戸市と深いつながりを持っていたお二人は「何ができるのか」を相談。「東北の人たちとの関係性を重視し、一時的な支援ではなく、東北のみんなが元の普通の生活に戻れる」ように、仕事や生活を支援する中長期的な体制を組むことを考えたそうです。

八戸では、漁師さんが漁に出て魚を水揚げしたものの、首都圏への物流システムが断絶しているため、焼却処分にせざるをえないという状況があります。「漁師さんも、じっとしていられなくて仕事に出たのですが、がっかりしていると思います」――そこで、つきあいのある八戸のイタリアレストラン オステリア・デル・ボルゴに連絡し、一風変わった“予約システム”を提案しました。

まず、レストランが全国各地から1名5000円のコース予約を受け付け、その費用でレストランは地元の食材を仕入れて地元の人たちに無償で食べてもらう。予約した人は、八戸に日常が戻ったときに訪れて、2500円のランチコースを食べることができる、というもの。つまり、半分は地元の人の料理のために今すぐ使われ、あとの半分は“予約者”のために担保される。そして、復興の兆しが見えたときには八戸に全国から人の流れを作ることもできるというわけです。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2011年3月31日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら