乾燥剤を使ってガスを使わず「ゆで卵」を作った人

乾燥剤を使ってガスを使わず「ゆで卵」を作った人
ビスケットや乾物などの容器に入っている「食べられません」と書かれた乾燥剤。その種類はさまざまですが、乾燥剤のひとつに生石灰を原料としているものがあります。いわゆる酸化カルシウムで、食品を湿気から守る役目をしています。

その酸化カルシウムは水を吸収させると熱を発生させるのですが、その熱を利用してゆで卵を作った人がいるのです。ゆで卵を作る一部始終が、動画共有サイト『ニコニコ動画』に掲載されています。



カラッポの缶詰にアルミホイルで包んだ生卵を入れ、そこに乾燥剤の袋を開けて出した酸化カルシウムを入れます。そして水を入れて、缶詰にアルミホイルでフタをします。それから数分後……。

缶詰からゆで卵を取り出してみてみると、なんということでしょう! まるで温泉卵のように半熟のゆで卵ができているではありませんか! 乾燥剤でこんなことができてしまうとはオドロキですね。

でも、よく考えれば酸化カルシウムは駅弁を温めるシシテムとして普通に使われていますし、日常的に利用されているものなんですよね。でも、皆さんは絶対にマネしないでくださいね。発熱によって火傷をする可能性もありますし、予想外の事故につながるかもしれません。動画を見て、あくまで知識として覚えておくだけにしましょう。

画像: ニコニコ動画

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2011年4月16日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら