【参考】フランスIRSNによる「推定年間被曝量を示した地図」

今回ご紹介するフランスIRSNによる資料にある「推定年間被曝量を示した地図」は、「大気と土壌」を、「ある決められた期間」、「密に」計測したデータをもとに、1年間の累積被曝量を予想したものです。この図を作成するにあたって、米国エネルギー省が日本で計測した値を参考にしたとのことです。
IRSNは日本の「保安院」に相当するフランスの機関。日本語でいえば「放射線防御・安全研究所」という名前になるそうです。英語版の資料はこちらです。

英語
situation at the Fukushima-Daiichi site, general recommandations for residents, general information on environmental radiological pollution and its consequences
http://www.irsn.fr/EN/news/Documents/IRSN_Information-note-for-french-citizens-in-japan_N2-08042011.pdf


今回の資料には、上記の「推定年間被曝量を示した地図」以外にも、これまでの経過まとめと「3月15日以降、東京のフランス大使館で測定した大気中の放射線量の図」「4月7日の余震の影響」「水や食べ物について」などについて触れています。「推定年間被曝量を示した地図」は最後に掲載されていますよ。この図に関するコメントをスウェーデン国立スペース物理研究所の山内正敏氏にいただきました。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2011年4月18日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。