あなたはどうする?「低年金社会」を生き抜くための老後3パターン

あなたはどうする?「低年金社会」を生き抜くための老後3パターン
「年金さえあれば老後は安泰だ!」と思っているサラリーマンの方、いまどのくらいいるでしょうか?若い人たちが将来受け取る年金額が減っていくのはほぼ確実、とはいえ、不安だからと貯蓄ばかりしていては、日本の経済はいつまで経っても良くなりません。「貯めすぎると景気のために良くないし、使い過ぎると将来が不安…どうしろっていうの?」そんな悩めるあなたのために、面白いデータがあります。各国の高齢者が、どのように老後の収入を得ているかを比較したものです。



(出所)社会実情データ図録(http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1320.html)

これを見ると、日本の高齢者は公的年金に生活費のほとんど(7割以上)を頼っているのがわかります。「公的年金が減らされる=生活が困窮する」のが分かりますね(ちなみにドイツも同じ)。では他国の高齢者たちはどのように収入を得ているのでしょうか?中国、フランス、アメリカを例に、3つの老後モデルをご紹介しましょう。

 

(1)高齢者になっても働いて、子供にも援助してもらう「韓国モデル」

この中で最もユニークなのは韓国です。収入割合を見ると、「仕事による収入」「子供などからによる援助」が、それぞれ3割強もあり、公的年金の割合は1割にもとどきません。韓国は高齢者数が少なく、政治的に弱い立場なので優遇されにくい状況もあるようですが、この収入割合なら多少公的年金が下がっても大したダメージにならないことがわかりますね。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2011年6月29日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら