来年春からのNHK“朝の顔”は堀北真希に決定!

来年春からのNHK“朝の顔”は堀北真希に決定!
来年4月からスタートするNHK総合・朝の連続テレビ小説『梅ちゃん先生』の制作発表が行われ、脚本家とともに、ヒロインを演じる堀北真希が紹介された。







堀北真希が演じるのは、町医者の「梅子」役。“梅”は松竹梅の“梅”にあたり、優秀な姉と兄を持つヒロインが自分を卑下しているという設定だ。また、タイトルにあるように」「梅ちゃん」と敬称が付くことで、患者と同じ目線で親しみを持って呼ばれる存在に成長する様が描かれているという。



その「梅ちゃん」が活躍する舞台は終戦直後の東京・蒲田。当時の蒲田は軍需工場が多かったため、激しい空襲により焼け野原になっていたそうだ。NHKのチーフプロデューサーは、現状が東日本大震災からの復興の途上であることを念頭に、ゼロからのスタートで奇跡の復興を成し遂げた「名もなき庶民の底力」を描きたいと語った。また、本作を描くにあたっては特にモデルとした人物はなく、脚本を担当することになった尾崎将也について、民放で放映された「鬼嫁日記」などの豊富な実績を例に「笑顔を日本の朝に届けられる」と脚本家決定の意図が説明された。







「今までで一番緊張した」という堀北真希は、これまでも「ALWAYS三丁目の夕日」などの昭和を舞台とした作品に多く出演しており、「昭和のイメージがついてしまうのでは?」という記者からの質問に対し、「昭和を描く作品に出演することで、その当時を疑似体験できるし、学ぶことも多い。昭和の人たちのバワーはすごいと思うし、私自身昭和生まれで誇りに思っている」と力強く答えた。









NHK・朝の連ドラというと、専門職で自立を目指す女性を主人公に置き、その役には若手女優が抜擢され、定期的といってもよいほどに劇中で太平洋戦争が描かれる……といったパターンが連想されるが、来年春から放映予定の『梅ちゃん先生』では、人気・実力とも十二分な堀北真希が登場し、「復興」という新たなテーマを加わえた物語が描かれる。

(ピエール素多)
 

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2011年6月30日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら