餓死とギロチン ~水木しげる先生の亡くなった日~

餓死とギロチン ~水木しげる先生の亡くなった日~
       

漫画家の水木しげる先生が亡くなられた本日11月30日、折しも私は京極夏彦先生が行う一夜限りの「ヒトでなし入門講座」に参加することになっていた。“『ヒトでなし』刊行記念 京極夏彦「ヒトでなしのススメ」”というイベントだ。学生時代から20年来のファンである京極先生のサインが頂ける貴重な機会と感じてチケットを予約したのだが、この日がそんな大変なことになろうとは思ってもみなかった。

何か言及があるのかなと考えつつそんな事を予測するのも差し出がましく思いながら神楽坂に向かった。

神楽坂ラカグは新潮社が出版や作品に関するイベントをしばしば行う建物で、ドナルド・キーン先生のイベントから続いて二回目の来訪だった。


いざ会が始まってみると京極先生は「こんにちは」から始まるご挨拶ののちに、「ご存知の方もいることでしょうが非常に悲しい大変なことが起きまして、でも皆さんは予約された時点ではこんなことは予測していなかったわけですからその話はなかったことにしましょう」と前置きされた。

けれど会がすすむうちに「ヒトでなし」というタイトルの話になり京極先生は「ヒトでなし」をこう定義づけた。よくけだものだとか畜生というがけものというものは悪いことはしない、と。悪いことをするのは人間なので「ヒトでなし」というのは実は天の道をいく存在だというようなお話をされた。それから水木先生のことに話が及び、(ここで話しても)もういいんです、あの人も「ヒトでなし」だったんだからとおっしゃられた。

これはもちろんけなしているのではないのです。京極先生独特の敬愛の表現です。天をゆくという意味の「ヒトでなし」という京極先生の水木しげる先生への餞の言葉に私は胸打たれました。

永井一郎さんの葬儀で水木先生が献杯の音頭をとられた折に『「何で集められたのかわからないが何だかみんなへんな顔をしているな。乾杯!」…って言ったんですからね、あのヒト』と続けられた。会場は笑いに沸いたのだが、何だかとても水木先生らしいエピソードだなあと感じた。確かに葬儀で乾杯! と言っちゃうなんてヒトでなしだ。

けれど、これっていい意味での「ヒトでなし」ではないだろうか?

「何で集められたのかわからないが」というのは死んだくらいで大騒ぎするな、いずれヒトはみんな死ぬのだからとう考えが底にあるのではないだろうか。けれどもお葬式で「乾杯」だなんて確かに水木先生でなければ許されないようなふるまいだ。けれども、それをできるくらい、水木先生はさまざまな生き死にを存じていてご自身もその瀬戸際に立ったことがあったのだ。だから「ヒトでなし」であることができる。

そしてその逸話を披露して笑いにしてしまえる京極先生のふるまいもよく考えたらものすごいことなのだけれども、それ自体が水木先生への「ヒトでなし」の弟子としての礼儀としか思えないようなことだ。先生はさみしげにこんな大変な日によりによって「ヒトでなし」なんてタイトルの会を開いてしまっていることについて、これも因果応報かななんて仰られていた。そうだろうか。この師匠にしてこの弟子ありといった感じで私は非常に感動したし水木先生も笑ってくださるに相違ない。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年11月30日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。