【日曜版】機甲天使ガブリエル・30年目の徒花【書評】

【日曜版】機甲天使ガブリエル・30年目の徒花【書評】


日本のSFの“絵”は、1979年をエポックメーキングにすることにそう異論はないと思います。まず、ロバート・A・ハイラインによる『宇宙の戦士』の早川文庫版の出版です。その本を飾ったスタジオぬえの二人、つまり宮武一貴がデザインし加藤直之によって描かれた“パワードスーツ”は、それ以降のSF兵器、そして究極的には日本のオタク産業への大きな影響点となりました。つまり、その小説『宇宙の戦士』がきっかけとなって生まれたアニメーションこそ『機動戦士ガンダム』であり、その企画段階での『突撃攻撃型機動歩兵ガンボーイ』の機動歩兵というネーミングや、初期のガンキャノンのデザインなどからも“ぬえ版”パワードスーツの影響は色濃く、その後30年に渡って続くガンダム王国がたった1冊の本から始まっていくことになるとはとても感慨深いものがあります。

パワードスーツは、その概念以上にその絵的な魅力によって日本のSFファンの間で圧倒的に支持されました。しかし初期ガンダムのクローバー社製超合金を見ても分かるように、当時のトイフィギュアの造型力には大きな難があり、立体化はされることなく月日は流れていきました。そこにはたった数年、しかし数年もの時間が必要だったのです。

そして1冊の本が発刊されます。『How to build Gundam』。ホビージャパン社から発刊されたそれはリアルの魅力に満ちあふれていました。同時期に発売された『GUNDAM CENTURY』で、メカの持つ設定の魅力に(これもスタジオぬえの仕業でした)ファンは圧倒されました。ホビージャパン誌上では『SF3D』の連載も開始され、アニメーションや特撮に依存しないオリジナルSFキャラクターの時代がいよいよ始まろうとしていました。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2009年5月10日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら