これは“黒歴史”? アノ大物俳優がひた隠す意外な主演映画

これは“黒歴史”? アノ大物俳優がひた隠す意外な主演映画
6月25日に公開されたシリーズ最新作『アンダルシア女神の報復』が、初日動員で前作『アマルフィ女神の報酬』の112%を記録し、のっけから大ヒットの予感を飛ばす織田裕二。興行収入は前作36億5,000万円を超え、40億円に到達するのではないかとの期待もかかる。夏休み大作映画が続々と封切られる中、7月18日現在の観客動員数でも4位と健闘を見せている。

TVドラマにもなったこのシリーズ、黒田康作という外交官が007……とまではいかないが、日本の官僚にあるまじき越権(?)行為をものともせず、超人ぶりを発揮して、海外で困難な状況に陥っている邦人を救い出す、ついでにアレコレ解決する、そして何事もなかったように去っていくというのがパターン。ここでの織田裕二は“クールでタフな正義漢、信念のためには上に噛みつくことも恐れず。ポーカーフェースながら女性には優しい。しかしあくまでジェントル、惚れられても一線は越えない”というミリ単位ほどの突っ込む隙もないヒーローだ。

織田の出世作とも言うべき『踊る大捜査線』シリーズで演じる刑事、青島俊作は、黒田康作とは一見、正反対ながら、“タフな正義漢、信念のためには上にも噛みつく”という点で共通したキャラクターとなっている。

織田と言えば、熱い男、信念の男。男の中の男!

そんなイメージがいつの間にかインプリンティングされ、“主演・織田裕二”というだけでネタバレに等しい状況になってしまうのではないだろうか。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年7月23日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。