筋金入りの官僚「古賀茂明」を座敷牢から総理大臣補佐官に――東電救済法案「根回し文書問題」渡辺喜美氏にきく(3)

筋金入りの官僚「古賀茂明」を座敷牢から総理大臣補佐官に――東電救済法案「根回し文書問題」渡辺喜美氏にきく(3)
「東電救済法案」に関する水面下の修正協議にあたって、経産省が自民党への説明に使ったと言われる「根回し文書」が今問題となっている。この東電救済法案「根回し文書問題」について、今週追求する予定だという、みんなの党代表の渡辺喜美衆議院議員に話をきいた(取材日:7月29日)。
※問題の「根回し文書」と言われるものは、こちらからダウンロードすることができる。

――菅総理が今日(7月29日)、減原発等をテーマにスピーチをやるとの話なんですが、それをやるにしても、この出発点のところで東電を救済しちゃったら、まったくどうにもならないですよね。

渡辺議員:まったくそうですよね。菅さんの減原発とか依存からの脱却というのは、空回りしている、ということですよね。つまり、総理大臣として、「減原発」と言うわけですよね。総理大臣っていうのは、内閣を組織している人なのであって、内閣が各役所をコントロールするのが本当の政治主導なんですけれども、まるで空回り。

おそらく、菅さんが脱原発とか減原発とか言ったって、言葉が空中浮遊しているだけですよ。大臣をはじめ、政治家の言葉って、空回りしちゃいかんのですよ。空回りしないためには、役所を動かさないといけない。役人を動かさないといけない。空回りしている状態だと、役人はじーっとその言葉が通り過ぎるのを待っているだけ。

そうならないためにはどうするのか、これは簡単なことなんですが、役人のレトリックがわかる、役人のルールがわかる、役人のツボを心得ている側近が必要ということです。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2011年8月1日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら