高岡さんのこと

高岡さんのこと
俳優の高岡蒼甫さんが、ツイッターでフジテレビの批判をして、最終的には所属事務所を辞めることになった。今回はこの件について考えてみよう。基本的に、この騒動の最大の論点は思想や信条の問題ではないと筆者は考えている。まず、問題となった7月23日の高岡さんのツイートを引用する。



「tkok_sosk_8228 高岡蒼甫

正直、お世話になった事も多々あるけど8は今マジで見ない。韓国のTV局かと思う事もしばしば。しーばしーば。うちら日本人は日本の伝統番組求めてますけど。取り合えず韓国ネタ出て来たら消してます^^ ぐっばい。」



よく読めばわかるが、高岡さんはこのツイートでフジテレビを観ないと宣言し、その理由を述べているにすぎない。理由のなかで、韓国に対する嫌悪は感じられるが、それは韓国や韓流ドラマが好きな日本人がいるのと同じ「趣味」のレベルを超えないものだと筆者には読める。では、なぜこの発言が所属事務所を辞めるまでに発展してしまったのか。



公務につく人を「公人」という場合がある。公人とは自らの発言や振る舞いがマスコミに報道されても文句がいえない立場の人である(個人情報の垂れ流しや名誉毀損は除く)。そして、公務についていなくても、社会的に影響力があると考えられる人物(学者、スポーツ選手、芸能人など)については「みなし公人」と呼び、マスコミには公人と同じ扱いで報道することが許されている。



高岡さんがツイートしたような内容を、もし一般人のあんちゃんが書いたのなら「趣味」の問題として終了していたことであろう。そもそも、あんちゃんにはマスコミが注目しないので騒ぎにはならない。しかし、高岡さんは「みなし公人」なのだから、たとえ自分の「趣味」の問題を記述したとしてもマスコミに注目されてしまうのはいたしかたない。「キタコレ」といわんばかりに、スポーツ紙が以下のような記事を書いている。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2011年8月1日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら