【犬の共感力】あなたは犬に観察されている

【犬の共感力】あなたは犬に観察されている

「犬が人の感情に共感するか-」。このテーマは現在も多くの研究者が取り組んでいる課題です。犬同士の間では、遊びの最中などに相手のボディーランゲージを真似たり、表情を真似る行動が観察され、個体間での共感が行われていることが解ってきています。

しかし、犬と人ではどうでしょうか。2012年にロンドン大学で行われた実験では、18頭の犬とその飼い主、犬が知らない人(研究者)が飼い主の自宅のリビングで過ごし、犬がどのように振る舞うかの比較が行われました。

リビングで人達と犬達が過ごす中で、人間は3つの行動を起こします。一つはただ単に会話をする。二つ目は、変な調子で鼻歌を歌う。三つ目は泣いている真似をする。といったものでした。この実験の結果、鼻歌を歌った時には6頭の犬が近寄って来たのに対し、泣き真似をした人には15頭の犬が近寄ってくることがわかりました。

この実験では、ご機嫌な鼻歌ではなく、悲しい雰囲気の泣いているという状況に対して特異的な反応があることは解ったものの、犬が悲しい感情を察したかどうか、という結論には至っていません。


また、多くの逸話で語られるように、犬が人に共感を持つかのような行動はしばしば見られます。たとえば、飼い主の体調が悪い時に、飼い犬が側に寄り添ってくれたなどは、よく聞く話ですね。このような犬の特殊な行動に人はとても喜び、「この犬には私の感情が解っている」と感じる飼い主さんも多いのではないでしょうか。

科学者は、このような飼い主さんが抱くロマンチックな話に「犬はただ人間のボディーランゲージを読んで反応しているだけ」と答えるでしょう。確かに、犬が持つ洞察力は人のそれとは桁違いの性能を持っています。我々人も無意識的に相手のボディーランゲージを読み、意識化での判断に役立ていることが解っています。こうした能力は人だけが持つものではなく、むしろ言語を持たない犬達のほうが高い能力をもっていることは必然と言えます。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2016年1月10日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。