【中間貯蔵施設】汚染土壌はどこに最終処分されるのだろう

【中間貯蔵施設】汚染土壌はどこに最終処分されるのだろう
菅直人首相が、いきなりこう言いだした。

「汚染物質を適切に管理する中間貯蔵施設を県内に整備することをお願いせざるを得ない」

8月27日に福島で開かれた「福島復興再生協議会」で、年間被ばく線量が200ミリシーベルトと推定される地点をこのまま除染しなければ、この先20年、被災者の帰宅が不可能であることを述べ、陳謝した首相。突然、「中間貯蔵施設」の話が出たのは、その直後だった。

今後、除染を進めた場合、放射性物質が含まれる汚染土壌が大量に発生することになる。汚染土壌が発生すれば、それを保管するための施設や場所が必要になる。原発事故で生まれた「鬼っ子」ともいえる放射性物質が含まれる汚染土壌など、よほどの対価(補助金など)がなければ引き取るという地方自治体はなかろう。その中間貯蔵施設を福島県内に整備すると首相は言うのである。

ちょっと待てよ……。そもそも中間貯蔵施設とはいったい何なのだろう。

これまでは、原子力発電所で発生した使用済み核燃料を貯蔵するための施設が中間貯蔵施設と呼ばれていた。「プール方式」と「キャスク方式」という2種の貯蔵方式があり、前者は「燃料から出る放射線の遮へいや熱の除去を水で行い」、後者は「密閉容器(キャスク)によって放射線の遮へいや除熱を行う」という。(電気事業連合会のwebページ、「使用済み燃料の中間貯蔵」より)

興味深いのは、「中間」と書くのだから「その先」、つまり最終的に貯蔵もしくは廃棄する場所が明示されていそうなものだが、電気事業連合会のwebページには「その先」に関す記述がない。使用済み核燃料を再処理するまでの「あいだ」ということなのだろうが、再処理したあとにも高いレベルの放射性廃棄物が発生する。よって、再処理は使用済み核燃料の終着駅とはいえない。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2011年8月30日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら