10月から民放テレビの番組はどうなる?

10月から民放テレビの番組はどうなる?
「お家芸に回帰!? 手堅い秋の番組改編」という東京新聞の記事を読んだ(9月13日付、17面)。記事では、本年10月の番組改編で、民放各局の番組編成がどのように変わるかが紹介されている。民放各局、生き残りをかけてさまよっている様子がうかがえた。

まず、テレビ東京。とても残念である。2010年10月から継続していた月曜22時のドラマ枠が廃止されてしまうというのだ。死刑問題を扱った「モリのアサガオ」(平均視聴率は3.6%。ビデオリサーチ社調べ。以下同)。学校教育の微妙な問題を取りあげた「鈴木先生」(同、2.16%)。なかばタブー視されてきたインターセクシュアルと正面から向きあう「IS」(放映中。おそらく2%前後)。どれも漫画が原作とはいえ、テレビで放映されれば、漫画の読者とは違った層の視聴者が観る可能性がある。

次はどんな切り口のドラマが来るのだろう……。10月改変に期待していただけにショックは大きい。新番組は、「ジパング経済塾」という経済もの。バックが日経新聞なので、それなりに手堅い番組を作るのであろう。しかし、残念である。現在、ドラマ24の枠で放映されている「勇者ヨシヒコと魔王の城」など、作り手がやりたい放題でドラマを制作できるような風土がテレビ東京にはある。一方、民放のテレビ局は、視聴率をとって広告収入を得なければ番組を制作できないのも事実だ。月曜のドラマ枠復活をじっくり待つことにしよう。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2011年9月14日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら