「放射能うつすぞ」は失言ではないのか。「ヤクザ記者」を追いかけたら誰が得するのか。

「放射能うつすぞ」は失言ではないのか。「ヤクザ記者」を追いかけたら誰が得するのか。
鉢呂元経産大臣の失言をめぐって、メディアに品位がないと話題になっています。しかしそもそも発言に品位がなかったのは鉢呂氏ではなかったのでしょうか。何故、話がすり替わっているのでしょうか。

もともとはオフレコの場で語られた内容とのことですが、しかしオフレコとされた発言が取り沙汰されるのは初めてではないわけですし、政治家側も発言は常に公表されるものと覚悟しておかなくてはならないということ、ただそれだけなんだと思います。

大臣会見のオープン化が進んでいることに伴い、マスコミは他メディアを排除した囲み取材やオフレコと称した取材のような形で大臣の囲い込みを図っているだけで、事実上そこは単なる「クローズド」なネタ収集の場となってきているということなのでしょう。これは一部マスコミによる談合で、それはそれで問題ですが、これ自体大臣が「やらない」と言える権限は持っているわけで、大臣とマスコミの利害が一致しているから続いているということです。

しかしどのような形にせよ、そのあり方が間違っているにせよ、一度漏れてしまった発言に問題があるのであれば、メディアとしてその経緯やそのときの真意などを問うのは当然のことなのではないかと思います。

鉢呂氏が発言の詳細な状況について説明を避けたことについて各メディアは追求しているわけで、ここを厳しく追及するのはメディアとしての勤めだと思います。ジャーナリストの思考回路についてはよくわからないところもあるのですが、あの会見においてそこが最大の焦点であるのは間違いないでしょう。そもそも「放射能すりつけてやる」発言についての詳細がわからなければ、大臣が辞めなくてはいけなくなった経緯についてもよくわからない、ということになります。会見中、海外メディアの記者が「このままでは海外に向けて大臣が辞めた理由の説明ができない」と発言していましたが、海外のみならず、国内でもよくわからんのです。発言が事実とすれば不穏当であることは間違いないわけですから、謝罪した上で大臣として引き続きがんばっていただければそれでよかったのではないかと思いますが、よくわからないまま、本人は辞めるということを早々に決めて会見に挑んだわけです。鉢呂氏は「そんな発言をした確信がない」と述べていますが、まったく意味不明です。ではますます辞めなければよい。さらにその裏には官僚との確執もあると言われていますが、この発言のあるなしがわからないとそこまで話が及ばない。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2011年9月14日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら