ヒロシワタナベ・ヒゲドライバー・彩羽真矢出演! 超都市型音楽フェス『Re:animation9』が歌舞伎町に帰還する意味

ヒロシワタナベ・ヒゲドライバー・彩羽真矢出演! 超都市型音楽フェス『Re:animation9』が歌舞伎町に帰還する意味
       

アニソン・ゲーソンとクラブミュージックの双方を織り交ぜて多彩なDJ・歌手が出演する超都市型音楽フェス『Re:animation』(リアニメーション)。2015年11月1日にサンプラザ中野前・中野区役所前で開催された『Re:animation 8』では3400人を超える動員を記録し、分島花音や木村弓が出演するなど、DJイベント史に確かな一ページを刻むことに成功しました。


次回情報が待ち望まれていた『リアニ』ですが、『リアニメーション9|歌舞伎町でアニメ×ダンスミュージックの無料“夏フェス”!』と題し、2016年7月10日の開催に向けてクラウドファンディングサービス『CAMPFIRE』でイベント開催資金を集めることを発表。目標金額350万円に対して、2016年3月31日朝の段階で既に120万円を超える出資を集めています。


クラウドファンディングは2016年4月28日まで実施。支援者向けに、優先入場パスや各種オリジナルグッズのほか、『リアニ』名物になった感のある”推しのぼり”やVIPシート利用権、地方からの参加者向けの宿泊付きのコースが用意されています。また、歌舞伎町の街路灯6本を2週間ジャックする権利を含む300万円の支援コースもあり、これが売れるのかどうかにも注目が集まります。


発表された第一弾出演者としては、デトロイト・テクノ創世記より珠玉の名曲を発表してきた『Transmat』から日本人アーティストとして初めて作品『MULTIVERSE』を発表したHiroshi Watanabe a.k.a KAITO、『月刊少女野崎くん』『艦隊これくしょん-艦これ-』などのテーマソングを担当するなど幅広い活躍を見せているヒゲドライバー、元宝塚男役でクラウドファンディングで2枚のCDをリリースしている彩羽真矢などが決定。アニメ・ゲームといったオタクカルチャーとクラブサウンドの橋渡しを続けてきた『リアニ』らしいラインナップといえるでしょう。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年3月31日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。