市民の声をなにひとつ聞いていない野田首相は朝霞宿舎予定地の視察をやりなおすべき

市民の声をなにひとつ聞いていない野田首相は朝霞宿舎予定地の視察をやりなおすべき
10月3日、朝霞公務員宿舎の首相視察には公務員宿舎建設に反対する市民の方々が多く集まっていました。平日午前ということもあり、参加者は年配の方が中心。話をきくと、ニュースで視察のことを知り、ひとこと気持ちを伝えたくて洗濯物を干さずに家を出てきた、というご婦人や、いつもこの米軍基地跡の周りを散歩コースにしているというシベリアンハスキーを連れた女性、赤ちゃんを抱っこしたお母さんもいました。また、ゲート前の大きな道路をはさんで反対側には車椅子に座ったご老人と介護する若い女性もやや遠目にこの様子を見守っていました。「長くこの地に住んでいたが今回のことには黙っていられずに来たんです」という女性もいらっしゃいました。

40年前に米軍から日本へ返還されたこの土地の活用については、一時期、市民参加型で活用法を決めようという動きがあったそうです。しかし財務省は市民らで作った計画を無視。3000戸の公務員宿舎建設案を提示します。このすれ違いが現在にまで至っており、一度は枝野幸男氏による事業仕分けで建設は「凍結」と結論されますが、わずか1年後に野田財務大臣(現首相)の承認で建設工事を再開してしまいます。再開したのが9月1日で首相の視察が10月3日。わずか一ヶ月ではありますが、その間に40年かけて育った建設予定地の木々はあらかた切られてしまいました。

無視され、裏切られ続けた歴史。市民が怒るのもしょうがないような気がします。そしてこの視察の日も首相は裏口からこっそりと現地に入り、住民の声をきこうとはしませんでした。代表の方が首相にメッセージを伝えたい、申入書を渡したいと関東財務局の腕章をつけた人にお願いしていましたが、「私どもの管理ではございません」と言い放ってその場を立ち去ってしまったのです。そのやりとりの動画です。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2011年10月6日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら