ドウェイン・ジョンソン主演の映画『Skyscraper(原題)』、レジェンダリーが映画権利を競り落とす

ドウェイン・ジョンソン主演の映画『Skyscraper(原題)』、レジェンダリーが映画権利を競り落とす

レジェンダリー・ピクチャーズは、ドウェイン・ジョンソンが主演する中国が舞台のアクション映画『Skyscraper(原題)』の映画権利を競売で落札した。


同作は、ローソン・マーシャル・サーバーが、自身が執筆した脚本をもとに監督を務める。ボー・フリンが、フリン率いるフリン・ピクチャーズを通じて、ジョンソン率いるセブン・バックス・プロダクションズとともにプロデュースする。サーバーもプロデュースを手掛ける予定だ。


米ユニバーサル・ピクチャーズ、米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント、米パラマウント・ピクチャーズが、中国の超高層ビルで撮影する同作の入札に参加し、最終的にレジェンダリーがおよそ300万ドルで落札した。ストーリーの詳細はまだ明かされていない。


米ユニバーサルが、同作の全世界での配給を行う予定だ。レジェンダリー・エンターテインメントは、4か月前に中国の複合企業の大連万達グループに35億ドルで買収された。


ジョンソンとフリンは、全世界で4億7000万ドル以上の興行総収入を記録したニューライン・シネマによる映画『カリフォルニア・ダウン』、映画『センター・オブ・ジ・アース』とその続編の2作品で以前にチームを組んだことがある。


ジョンソンは、6月に米公開されるアクション・コメディ映画『Central Intelligence(原題)』にケヴィン・ハートと共に出演する。同作はサーバーが監督を務め、ニューライン・シネマが製作する。またジョンソンは、米パラマウントによる映画『Baywatch(原題)』の撮影を最近終えたばかりだ。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2016年6月1日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら