たまには2クールのドラマを観てみたい!

たまには2クールのドラマを観てみたい!
連続テレビドラマの秋の陣がはじまった。このところ、まるでテレビ番組表の穴埋めをするために作っているようなつまらないドラマが多かった。しかし、この秋のドラマは、過去1年ではもっとも豊作だという声もあがっている。今回は、放映回数という斜めの視点からドラマを考えてみようと思う。

最近、ひとつのドラマが連続で放映される期間が1クール(四半期)となり、放映回数は10~12回というパターンが定着している(NHKの大河ドラマを除く)。昔からテレビを観ているものとしては、この放映期間は短いと感じることもある。若い読者は知らないかもしれないが、以前は2クール(半年)にわたって放映されたドラマがざらにあった。

いまでも筆者が内容を覚えている2クールのドラマは、TBS系では「赤いシリーズ」(「赤い疑惑」「赤い運命」「赤い衝撃」など。1974年から80年にかけて放映)、日本テレビ系では「傷だらけの天使」(1974年)や「探偵物語」(1979年)などがあげられる。とりわけ最後のふたつは、年に一度、DVDで通して観るほどハマり続けている。

ドラマの放映期間が短くなった理由は、視聴者のテレビ離れがあげられよう。若年層が情報を収集する手段は、すでにテレビからネットにシフトしている。全体のパイが減っている中で、視聴者につまらないと思われたドラマを半年放映するのはリスキーである。それよりも、半年に2種類のドラマを放映したほうが、リスクが分散される。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2011年10月27日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら