障がい者プロレスへようこそ!

障がい者プロレスへようこそ!
健常者レスラーが手加減なしで殴り、蹴り、技をかける。相手は障がい者レスラーである。この対戦には明らかにハンディキャップがあるのだが、健常者レスラーに抗う障がい者レスラーの姿勢は真剣そのもの。客席で対戦を見ていると、いま、この会場に、障がい者がいる、という単純だが重要な事実に気づく。

障がい者プロレスをご存じであろうか。雑誌「実話ナックルズ」(ミリオン出版)の12月号で、プロレス団体「ドッグレッグス」が紹介されている。「肉体や知能にハンディを抱えた障がい者たちが、リングの上で不自由に四肢をよじらせながらありのままの姿を晒け出して闘う」(同)。それがドッグレッグスの興行内容だ。

「ハンディを抱えているけれど、彼らはこんなにひたむきに、一生懸命頑張っていますーー」(同)。こうした世間が抱く障がい者の印象に疑問を持ったボランティア団体「ドッグレッグス」の代表・北島行徳さんが、1991年に立ちあげたのが同名のプロレス団体である。北島さん自身が「アンチテーゼ北島」のリングネームで、「障がい者をボコる健常者」としてリングに立ってきた。

例えば、ドッグレッグスの試合は、このように始まる。

「第1試合、ミラクルヘビー級3分5Rを行います!」

照明を落とした場内、ロープの張られたリングへと続く花道にスポットライトが当たる。入場テーマ曲が流れる中、姿を現すのは、介助者に抱きかかえられた重度の脳性マヒの男。入場コールに応えて振り上げて見せる細く折れ曲がった手足。彼をマットに降ろす介助者のほうがよほどプロレスラーのような体格に見える。(入倉多恵子「月刊ノーマライゼーション」1999年8月号)

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2011年11月11日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら