韓国の爪楊枝は両方使える? 使ったあとは食べることもできる!

韓国の爪楊枝は両方使える? 使ったあとは食べることもできる!
韓国の飲食店には日本同様に爪楊枝が置かれている。使い方は日本と同じで、歯に挟まった物を細い部分で取るのだが、実は韓国の爪楊枝は形が少し違うのだ。実は韓国の爪楊枝は両方とも使うことができるように尖っている。
いわゆる2回分使えるのだ。

しかも爪楊枝が両方尖っているだけでなく、かじって食べることもできるのだ。デンプンでできており、歯をいじった後は噛んで食べるのだという。日本人からしたら少し汚く感じるが、韓国では常識なのだという。

もちろんデンプンなので水に浸けると溶けてしまう。つまりゴミになりにくい爪楊枝というわけ。韓国の飲食店はこの爪楊枝が義務づけられており、この爪楊枝を使わないと出店できない。ではなぜここまでこのデンプン爪楊枝に拘るのか。それは韓国では残飯が残った際に家畜のエサにするのだが、その中に通常の爪楊枝が混ざっていると危険なため、デンプンでできた爪楊枝を作ったということだ。

今では食べることもできる爪楊枝となっているが、元々は家畜の安全面を考えてのことだった。皆さんも韓国の飲食店に行った際に食べてみてはどうだろうか。

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2011年11月11日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら