『幸福の国』の犬たち

『幸福の国』の犬たち

数ヶ月前のこと。何か調べ物をしていて偶然Public Radio Internationalという非営利団体のサイトの記事に行き当たった。世界中から情報を集めて発信しジャーナリズムを通じて世界にポジティブなインパクトをいう団体だ。行き当たったのはブータン王国が全国的に実施している野良犬の避妊去勢手術についての記事だった。

野良犬と言っても、日本や欧米の感覚の”野良犬”とブータンの街中あちこちで見かけられる犬たちはかなり違うもののようだ。国民のほとんどが敬虔な仏教徒であるブータンの人々にとって「命あるものは皆心をかけられなくてはならない」という仏教の教えは深く浸透している。だからブータンの人々は通りをうろつく犬たちにも心を配り世話をする。ただし、犬を自分の敷地に入れて所有するのではなく、あくまでも同じ地域の中に住むコミュニティの一員として捉えている。

しかし2000年代中頃には、街中に住む犬たちの数は人々の手に余る数にまで増えてしまった。犬たちの吠え声は観光客の眠りを妨げ、苦情も多く寄せられるようになった。観光事業はブータン王国にとって重要な産業であるから、これは由々しき問題だ。当時はさらに2008年の新国王戴冠式を控えて、それまでに路上の犬たちをなんとかしなくてはブータン政府は頭を抱えていた。しかしこの国の政府に犬たちを殺処分しようという選択肢はなかった。政府は大規模な保護施設を作り、そこで犬たちを飼育したが、環境に馴染めなかった犬たちの多くが命を落としてしまった。さらに悪いことに、街の中で完全に生活のサイクルの一部として機能していた犬たちがいなくなったことでネズミの数が爆発的に増えてしまった。

...続きを読む

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2016年10月5日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。