映画『デッドプール』のティム・ミラー監督、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の映画化に参加

映画『デッドプール』のティム・ミラー監督、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の映画化に参加

映画『デッドプール』を監督したティム・ミラーが、米ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントが実写とCGを組み合わせて製作する、ゲームキャラクター『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の映画作品に、エグゼクティブ・プロデューサーとして参加する。

CG制作会社ブラー・スタジオのジェフ・ファウラーが、テレビゲームを基にした将来性のあるこのプロジェクトの監督と監修を担当する。ファウラーはブラー・スタジオの共同創設者であるミラーと協力するとともに、映画『ワイルド・スピード』シリーズをプロデュースしたニール・H・モリッツがプロデューサーとして参加する。

脚本は、テレビアニメ『Golan the Insatiable(原題)』を手掛けたパトリック・ケイシーとジョシュ・ミラーが担当する。

ソニーは、セガサミーホールディングスのグループ会社であるCGアニメーション制作会社、マーザ・アニメーションプラネットと提携している。ソニックは、世界で最も有名なゲーム・キャラクターの1つで、コンソール、モバイル、タブレットのような各プラットフォームで、パッケージ版とダウンロード版の両方を含め、関連するゲームは3億5000万本以上のセールスを記録している。

モリッツに加え、マーザ・アニメーションプラネットの伊藤武志と大西美枝がプロデューサーを務める。トビー・アッシャーもまた、エグゼクティブ・プロデューサーを担当する。DJ2 Entertainmentのディミトリー・ジョンソンとダン・ジェヴォンズが共同プロデューサーとして参加する。

アンドレア・ジアネッティがソニーのためにプロジェクト全体を監修する。

ミラーは、「ジェフは、力強い物語を作る素質を持った素晴らしい監督です」と述べ、「ジェフにとって、ソニックの世界は自身のアニメーション経験でこの象徴的なキャラクターに新次元をもたらす最高の機会です」と語った。

ミラーは、10月22日、クリエイティビティの相違を理由に、米FOX製作によるライアン・レイノルズ主演の映画『デッドプール』の続編を降板した。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2016年11月2日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら