本編を邪魔せず厚みが増したスピンオフ! 『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』クロスレビュー

本編を邪魔せず厚みが増したスピンオフ! 『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』クロスレビュー

■『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』

【ストーリー】
物語の舞台は、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の少し前。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。無法者たちによる反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジン・アーソは、様々な葛藤を抱えながら不可能なミッションに立ち向かう。その運命のカギは、天才科学者であり、何年も行方不明になっている彼女の父に隠されていた……。

【スタッフ&キャスト】
監督:ギャレス・エドワーズ

フェリシティ・ジョーンズ:ジン・アーソ
ディエゴ・ルナ:キャシアン・アンドー
ドニー・イェン:チアルート・イムウェ
ベン・メンデルソーン:オーソン・クレニック
マッツ・ミケルセン
アラン・テュディック:K-2SO
フォレスト・ウィテカー:ソウ・ゲレラ
チアン・ウェン:ベイズ・マルバス
リズ・アーメッド:ボーティー・ルック
ジュネビーブ・オライリー:モン・モスマ

2016年12月16日公開。
http://starwars.disney.co.jp/movie/r1.html

■スピンオフとして完璧な1本

この映画を観る誰もが気になるのが、「エピソード4にどう繋がっていくのか」ですよね。1年近くアレコレ想像を膨らませていましたが、エンドクレジットが流れ始めた頃にはポロポロと涙を流している自分がいました。主人公ジン・アーソをはじめとする部隊のメンバーたちがその後のストーリーに登場していない、ということは、ほぼ決まり切った結末に向かって進んでいくワケですが、これ以上ない完璧なラストにサムズアップする親指が2本じゃ足りずに困ってしまいました。観たら誰もが納得だけど、想像を遥か彼方の銀河系まで超えてくるってゴイスーです。『スーサイド・スクワッド』の製作陣は、この映画を100回鑑賞しなさい!


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2016年12月15日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。