「世界一幸せな国」ブータンと幸福の尺度 【テレンス・リーのニュースを斬る!】

ジグミ・ケサル・ナムゲ・ワンチュク国王とジェツン・ペマ・ワンチュク王妃の来日でブータン王国への関心が一気に高まった。

同時に「国民総幸福量(GNH)」という哲学も広く知られるようになった。

この国民総幸福量という考えは、1972年に当時のジグミ・ミンゲ・ワンチュク国王が提唱したものだ。40年も前に物質的豊かさでなく精神的豊かさを国家の指針に据えたのは驚異的と言わざるを得ない。数年前に実施された国勢調査では、国民の実に96.7%が「幸せ」と回答しているから、この政策は一応の成功だったといえるだろう。

たしかに幸福の尺度はいろいろあるだろう。だが、長期化する平成大不況、忍び寄る世界恐慌の足音を聞きながら「資産の多寡で幸不幸が決まるのか?」、「これまで信じて疑わなかった価値観が本当に正しいのか?」と首を傾げていた人は少なくないはずだ。

余談だが私はブータン王国に行ったことがある。かれこれ20数年も前のことだが強烈なカルチャーショックを受けたものだ。

ガタガタの中古ジープを運転してブータン王国のある村に差し掛かった。小休憩のためジープを停めて一服していたら、子供たちが物陰から恐る恐るこちらを覗っていた。

しばらくするとその子供たちが、バケツやら錆びた空き缶やらに水を入れて持ってきた。通訳が「ジープに飲ませたいらしい」と微笑んだ。子供たちは生まれて初めて自動車を見たのだった。疲れたジープに水を飲ませてやれといったのだ。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2011年12月15日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。