金総書記の遺体安置写真が操作された可能性 シミが消えてきれいな顔に

金総書記の遺体安置写真が操作された可能性 シミが消えてきれいな顔に
拡大する(全1枚)
金正日(キム・ジョンイル)総書記の遺体安置写真が、操作されていることが分かった。

朝鮮中央テレビや朝鮮中央通信は20日、錦繍山記念宮殿に安置された金総書記の遺体映像を公開した。だが、両メディアが公開した映像を比較したところ、朝鮮中央テレビが公開した映像には、金総書記の右ほほに赤黒い大きなシミがあったのに対し、朝鮮中央通信の映像にはシミはきれいに消されていた。

また、遺体を覆う赤い布も、朝鮮中央テレビの方は自然な感じなのに対し、朝鮮中央通信の方は一直線で明らかに加工したような跡があった。

北朝鮮はこれまでも影の無い写真や、遠近感がおかしい写真など、加工画像、ねつ造画像を幾度となく公開している。今年7月には、韓国メディアが水害関連のニュースを報じる際、平壌市内が膝まで水が浸かった写真を公開したがねつ造写真であることが発覚し、インターネット上で話題を集めた。

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「朴美奈」が執筆しました。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク