漫画家・佐藤秀峰日記「自炊代行について。」

漫画家・佐藤秀峰日記「自炊代行について。」
拡大する(全1枚)
今回は漫画家・佐藤秀峰さんのブログからご寄稿いただきました。

■漫画家・佐藤秀峰日記「自炊代行について。」
気になるニュースがあったのでご紹介させてください。

作家の浅田次郎氏、大沢在昌氏、永井豪氏、林真理子氏、東野圭吾氏、弘兼憲史氏、武論尊氏の7名が原告となり、スキャン代行業者2社に対し原告作品の複製権を侵害しないよう行為の差し止めを求める訴訟を起こしたそうです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

「東野圭吾さんら作家7名がスキャン代行業者2社を提訴――その意図」 2011年12月20日 『eBook USER』
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1112/20/news100.html

訴状で被告となっているのは、『スキャンボックス』を提供する愛宕と、『スキャン×BANK』を提供するスキャン×BANKの2社だそうで。いわゆる“自炊代行業者”です。

ここでいう“自炊”というのは、紙の本があったとして、それを裁断、スキャンして電子データ化する作業のことを指します。“自炊代行業者”とは、本の所有者の依頼でそれらの作業を代行する業者を指す言葉ですね。

紙の本というのは、量が増えると保管場所に困りますし、かと言って、読み返すことがあるかもしれないので、捨てるのもためらいがちです。であれば、データ化して保存しておこう、という人が増えているようで、その行為を指す隠喩が“自炊”です。そんな言葉が一般的に使われるほど、自炊は日常的な行為になってきているのです。
編集部おすすめ
ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク