経団連、ようやく公式に「長期雇用のメリットはないです」と認める

経団連、ようやく公式に「長期雇用のメリットはないです」と認める
今回は城繁幸さんのブログ『Joe's Labo』からご寄稿いただきました。

■経団連、ようやく公式に「長期雇用のメリットはないです」と認める
経団連がいよいよ定期昇給制度自体の見直し*1 を提言するそうだ。

*1:「「定昇、見直し議論を」経団連、春季交渉で報告案 役割等級制など提示へ」2011年12月25日『日本経済新聞』
http://goo.gl/yZPdZ

報告書案は定昇の具体的な見直し案として
(1)仕事・役割に応じて等級を設け、賃金水準の上限と下限を決める
(2)暫定措置を講じながら個々人を再格付けする
(3)仕事・役割が変わらない限り、上限で昇給が止まる――
という仕組みを提示。来春の労使交渉で「中長期的な課題として、見直しの議論を
始めることも考えられる」とした。

要するに、いつも言っているような職務給のことである。
元々は長く勤めれば勤めるほど給料の上がる仕組みを導入して人材流出を防ぐことが定昇制度の目的だったのだが、今時そんなメリットは無いからもう廃止しましょうねというわけだ。

95年の『新時代の日本的経営』は、非正規雇用で雇用調整しつつ、付加価値の高いコア業務を正社員が担うことで、従来の日本型長期雇用を維持しようとするものだった。
ただ、早期退職の募集が常に45歳以上を対象に行われているのを見ても明らかなように現実に長期雇用で育成できた人材は“付加価値が高い”どころか、“金積み増してでも真っ先に切りたい”人材であるわけで、時代に沿った適正な判断だろう(遅きに失した感もあるが)。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2011年12月29日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら