“和”の精神を隠れみのにした嫉妬心を明るみにしたダルビッシュ

“和”の精神を隠れみのにした嫉妬心を明るみにしたダルビッシュ
プロ野球のダルビッシュ投手がメジャー移籍に関しての会見を行ったわけですが、その内容がシーズン中のピッチングと同じように何者も寄せつけないキレのよさで、見る者を圧倒していたと思うのです。というか、私は圧倒されてしまいました。

「野球選手として相手を倒すのが仕事だが、最近は試合前から相手に“このカードで投げないでくれ”とか“絶対に打てないよ”と言われるようになった。冗談と聞いていても、これではフェアな挑戦ができなくなる」
(中略)
「僕は凄く勝負がしたかった。その上で相手が打ってやるという気持ちできて初めて勝負が成り立つ。それがなくなってきて、僕の中でモチベーションを保つのが難しかった」
「無敵ゆえの苦悩…ダル 日本で“フェアな挑戦ができない”」2012年01月25日『スポニチ・アネックス』
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/01/25/kiji/K20120125002500450.html

同じことをものすごく遠回しに言った人はたくさんいましたし、松井選手のようにノーコメントを貫く人もいるなか、ここまで直接的な表現をした例は、過去にはありません。
これを平たく書くと、“和”の精神に付き合ってるとモチベーションが下がる、ということになるわけです。

ものすごく意地悪な書き方を承知で書きますが、日本の社会はずっと“和”の精神を重んじることで、ある意味、お互いの嫉妬心を刺激しない知恵で構成員全員の納得を引き出し、維持されてきた社会だと言えます。そんな習慣のなか、60年代からの高度成長という特殊事情(わりと寝ててももうかった)が起こり、そこで能力のある人がそうではない人には次第に疎ましく感じられる、要するに嫉妬心ですが、そういう状況下で、嫉妬心にとって都合のいいように“和”の精神が利用されてしまった部分があったわけです。能力のある人たちを潰してしまっても、企業も社会もやっていけたのが高度成長の時代だったので、それが通用したわけですが、その名残がずっと今でも社会に残ったままではあるのです(能力のある人を潰してしまう習慣のまま、相変わらずやっていける程度に、日本の社会はまだまだ豊かなのですよね)。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. メジャー アニメ
  2. メジャー 漫画
ガジェット通信の記事をもっと見る 2012年1月27日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「メジャー + アニメ」のおすすめ記事

「メジャー + アニメ」のおすすめ記事をもっと見る

「メジャー + 漫画」のおすすめ記事

「メジャー + 漫画」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら