国会議員が「悲劇の母親」!?、ヤフオク好きな首相補佐官、オコゲはゲイにつく女? 【文春vs新潮 vol.27】

国会議員が「悲劇の母親」!?、ヤフオク好きな首相補佐官、オコゲはゲイにつく女? 【文春vs新潮 vol.27】
[文春]「野田聖子は『悲劇の母親』なのか」。フジテレビ系で1月21日に放送された「私は母になりたかった~野田聖子 愛するわが子との411日」に異論が続出しているという記事である。筆者も観たが、たしかに違和感を抱く内容であった。野田さんはアメリカの女性から卵子の提供を受けた上で、交際中の男性の精子とその卵子とを体外受精させた。その受精卵が「野田氏の子宮で着床し、妊娠」した結果、多くの障害を持つ子どもが生まれたのだ。

産婦人科医の打出喜義さんが記事のなかで、筆者が抱いた違和の原因を解説してくれている。「野田さんは国会議員でありながら。国民に対して法を作りその法を守れと言うべき立場の人。ところが、自己責任や自由を盾にして、国内では認められない卵子提供をアメリカで受けてきた。個人の自由は尊重されなければなりませんが、自由は義務を伴うもの。“ルールに従う”という義務を立法府にいる彼女が守らずに、どんな意図で密着取材を依頼したのでしょうか」。

野田さんが政治家であること以外にも、違和の原因があると打出さんは続ける。「赤ちゃんが多くの障害を乗り越えて頑張っている姿には心よりエールを送りますが、その前段階の卵子提供の是非や高齢出産の危険性などの問題について、なぜだか番組で触れられていない。自分のエゴを押し通した結果、赤ちゃんが大変な目に遭っているという意見もあります」。

作家の佐藤愛子さんも、記事でやんわりと野田さんを批判している。まず、「私などの世代は生まれてこの方、この世には人間の力ではどうにもならないこと、抵抗してもしようがない、抵抗したくてもできないことがたくさんあって、その前には人間は無力だという事実を受け容れてきました」と述べる。さらに、医学の進歩により「子供は授かり物ではなく『作るもの』」になったことや整形で顔や身体を変えること、さらには死期まで引き延ばすことができるようになったことを取り上げる。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2012年1月27日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら