キッスのポール・スタンレーの失われた聴力とそれを再建した医師の素晴らしい物語

キッスのポール・スタンレーの失われた聴力とそれを再建した医師の素晴らしい物語

キッスのフロントマンのポール・スタンレーが、バンドのサウンドを形作り、ギタリストとしての長いキャリアを形成する上で重要な役割を果たしたある男の死に追悼の意を表している。5月4日(現地時間)にこの世を去ったニューハンプシャー州のフレデリック・ルカート医師は、1982年にグレード3小耳症と呼ばれるスタンレーの先天性耳変形を治療した。スタンレーは、外耳が未発達で聴覚に障害を持った状態で生まれた。

ツイッター上でスタンレーは、「親愛なる友人、フレデリック・ルカート医師が95歳でこの世を去りました」「彼は私の肋骨から右の耳を作り上げ、正に私の人生を変えてくれました。神のご加護がありますように」と、語った。


5回にわたる外科手術で、ルカート医師はスタンレーの胸郭から軟骨の組織片を取り出し、それらを耳の骨格に形成して皮膚移植した。

2014年、スタンレーは自伝『ポール・スタンレー自伝 モンスター~仮面の告白~』で、自身の耳にまつわる苦悩を綴った。

「私の頭の右側には断端以上のものは何もなく、耳管も閉鎖されていました。私は耳が聞こえませんでした」と、ロックの殿堂入りも果たした65歳のスタンレーは語る。続けてスタンレーは、「私は、どの方向から音が聞こえているのか分かりませんでした。さらに重要なのは、何かしらの雑音や会話がある場合、人々が何を話しているのかを理解することは信じられないほど困難でした。これらの問題よって私は本能的に対人関係を避けるようになりました」と、記した。


ガジェット通信の記事をもっと見る 2017年5月12日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。