40年前、映画『スター・ウォーズ』がはるか彼方の銀河系で生まれた

40年前、映画『スター・ウォーズ』がはるか彼方の銀河系で生まれた

1976年3月24日本紙ヴァラエティは、ジョージ・ルーカス監督が、米20世紀FOXによる映画『スター・ウォーズ』を800万ドルをかけチュニジアで撮影開始することを報じた。アレック・ギネスは、「かつて銀河系戦争を指揮する口髭を生やした老ねずみ」を演じるとされた。若手俳優3人の役柄さえ明らかにされていなかったが、その週間後、「宇宙空間コメディアドベンチャー」では、マーク・ハミルがルーク・スターキラー(その時点での役名)役である、と記事は続いた。

同記事が本紙ヴァラエティに登場したのは1977年5月9日のことだ。1977年5月25日に映画が劇場公開となり、本紙トップページでは「スター・ウォーズ ジョーズ以来の快挙」と讃えた。43劇場(1劇場あたりの平均興行収入は約6万ドル)で、およそ2600万ドルと引用している。6月10日、ヴァラエティは「映画の直接経費は1000万ドル。米FOXに利益の60%、ルーカスに40%(彼はそこから外部に経費を支払った)が分配された。損益分岐点は2200万ドル~2500万ドル辺りだと推定される」と、報じた。

2017年の現在、映画『スター・ウォーズ』シリーズに損益があるかどうかについて考える者がいるのかと思うと衝撃だ。

1977年末ヴァラエティは、映画の米国内での興行収入は1億9700万ドルで、巨額の1億2500万ドルはレンタル(興行収入の一部はスタジオへ戻された)であったと伝えた。2017年時点、推定される全世界での利益は7億7500万ドルである。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2017年5月17日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。