“リアリスト”に未来はあるか?

“リアリスト”に未来はあるか?
今回は内田樹さんのブログ『内田樹の研究室』からご寄稿いただきました。

■“リアリスト”に未来はあるか?
入学の春を迎えた大阪の学校に重苦しい空気が漂っている。橋下徹大阪市長の意向で、教職員に君が代の起立斉唱を義務づける全国初の条例が施行されたことを受け、約13000人の教職員に職務命令が出され、厳密な確認が始まったからだ。
2012年04月04日『朝日新聞』

起立斉唱の職務命令に三回違反すれば免職できる規定もできた。
3月2日の府立和泉高校の卒業式では教頭が校長の命令で、教職員が歌っているかどうか口元を確認して、歌っていなかった教員一名を府教委に報告した。市長はこれを範として、監視を徹底することを市役所幹部や府教委に伝えた。
市長のロジックは「税金で身分保障されている公務員は業務命令を遵守すべきであり、いやなら辞職しろ」というものである。
国歌国旗問題については、これまでも繰り返し発言してきた。
私が統治システムにかかわることで主張しているのは、つねに同じことである。
「その政策は健全な公共心をもつ成熟した公民をつくりだすことに資するかどうか」
それだけである。
国歌国旗は端的に“国民国家に対するクレジット供与”の問題である。
これはひとりひとりの市民が自分の立場で熟慮して結論を得るべきことだと私は思っている。
国民国家は擬制である。
福沢諭吉はもっとはっきりと“私事”だと言った。
昔誰かが勝手にそういうものをつくったのである。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2012年4月7日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら