第30回東京国際映画祭のラインアップが発表 コンペ部門に2本の日本映画が出品 原恵一監督の特集上映も

第30回東京国際映画祭のラインアップが発表 コンペ部門に2本の日本映画が出品 原恵一監督の特集上映も
拡大する(全4枚)

10月25日(水)から11月3日(金・祝)にかけて開催される第30回東京国際映画祭に先駆け、都内の会場にてラインアップ発表会が行われた。

コンペティション部門『最低。』より瀬々敬久監督、森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈、同部門『勝手にふるえてろ』より大九明子監督、さらにアニメーション特集『映画監督 原恵一の世界』より原恵一監督が登壇し、映画祭にかける思いを語った。

第30回東京国際映画祭のラインアップが発表 コンペ部門に2本の日本映画が出品 原恵一監督の特集上映も

88の国と地域から1538本もの応募があった今年のコンペティション部門。紗倉まなによる文芸小説を『64-ロクヨン-』などの瀬々監督が映画化した『最低。』は、アダルトビデオ業界を背景に、どうにもならない現実と、それでも自分らしく生きようとする女性たちの姿を描く。

「業界の裏話ではなく、個人を取り巻く日常や人間関係が緻密に描かれた小説」と原作の印象を語った瀬々監督。「アダルトビデオというものが日本の社会でどんな位置付けなのか、日常の断面として世界の人たちにも感じてもらえれば」と心境を明かすと、森口は「覚悟がいる作品でした。撮影に入る前くらいに、“なんで引き受けちゃったんだろう”と思いました」と口にして会場から笑いを誘っていた。

第30回東京国際映画祭のラインアップが発表 コンペ部門に2本の日本映画が出品 原恵一監督の特集上映も

綿矢りさの同名小説を映画化した『勝手にふるえてろ』は、映画初主演となる松岡茉優が、2つの恋の間で揺れる主人公を演じたラブコメディ。

発表会に参加できなかった松岡からはビデオメッセージが届き、「全国のこじらせ女子や、ちょっと背中を押して欲しい女の子たちに届けばいいなと思いながら撮影しました。ぜひたくさんの女の子たちの背中をツンツンと押してあげられるような作品になっていることを願います」とコメントを寄せた。


この記事の画像

「第30回東京国際映画祭のラインアップが発表 コンペ部門に2本の日本映画が出品 原恵一監督の特集上映も」の画像1 「第30回東京国際映画祭のラインアップが発表 コンペ部門に2本の日本映画が出品 原恵一監督の特集上映も」の画像2 「第30回東京国際映画祭のラインアップが発表 コンペ部門に2本の日本映画が出品 原恵一監督の特集上映も」の画像3 「第30回東京国際映画祭のラインアップが発表 コンペ部門に2本の日本映画が出品 原恵一監督の特集上映も」の画像4

当時の記事を読む

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク