ハルク単独映画に前向きも実現性は低い? 『マイティ・ソー』LAプレミアに豪華キャスト集結

ハルク単独映画に前向きも実現性は低い? 『マイティ・ソー』LAプレミアに豪華キャスト集結

マーベル映画の最新作『マイティ・ソー バトルロイヤル』のワールドプレミアが、10月10日(現地時間)にロサンゼルスで開催。

翌日には、クリス・ヘムズワース(ソー)、トム・ヒドルストン(ロキ)、マーク・ラファロ(ハルク)、ケイト・ブランシェット(ヘラ)などの豪華キャストが記者会見に登壇。世界各国の記者約200人が見守る中、タイカ・ワイティティ監督、マーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギらと共に、最新作に関する質問に答えました。

ハルク単独映画に前向きも実現性は低い? 『マイティ・ソー』LAプレミアに豪華キャスト集結

会見で話題の中心となったのは、アベンジャーズの最強助っ人ことハルク。主演のクリス・ヘムズワースは、「最高だよ。今回のハルクが僕の一番のお気に入りだね。今までの作品ではハルクとソーは互いに戦うシーンくらいで、あまり一緒にいるシーンがなかったんだけど、今回は共闘する。即興で演技しながら、今までになかった化学反応を生み出していくのは楽しかったよ。本作のハルクは、すこしだけ会話ができるようになったから、今までよりもユーモアがあって、魅力的なんだ」と、本作のハルクについて明かしました。

「もちろんハルク単独映画をやりたいね」と語るハルク役のマーク・ラファロは、「実は、以前ケヴィンから“ハルク単独映画をやるなら、どんなことをしたい?”と聞かれたんだ。僕は自分の考えを伝えた。するとケヴィンが“最高だな! それを次の3作品でやろう! まず『マイティ・ソー バトルロイヤル』からはじまって、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、『アベンジャーズ』シリーズ第4弾へと続ける”って答えたんだ。でも……あれ、これはハルクの単独作品っていえるのかな?」と冗談めかして答え、会場の笑いを誘っていました。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2017年10月13日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら