社長から社員まで320人が森林づくりを体験 コカ・コーラ社の工場水源保護活動にドローンで密着!

社長から社員まで320人が森林づくりを体験 コカ・コーラ社の工場水源保護活動にドローンで密着!

日本コカ・コーラとコカ・コーラシステム関連会社(以下コカ・コーラ社)は11月29日、社長以下約320人の社員が参加して工場水源保護活動を実施。ガジェット通信はドローン持参でこの活動に密着してきましたので、レポートをお届けします。

社長から社員まで320人が森林づくりを体験 コカ・コーラ社の工場水源保護活動にドローンで密着!
社長から社員まで320人が森林づくりを体験 コカ・コーラ社の工場水源保護活動にドローンで密着!

水源保護活動が行われたのは、宮崎県・えびの市にあるコカ・コーラウエストプロダクツえびの工場。巨大な『コカ・コーラ』缶のオブジェが目印の工場です。ここでは、天然水『い・ろ・は・す』や『紅茶花伝』などの製品が年間で約700万ケース製造されています。近隣の水源から良質な水が大量に確保できることから、『い・ろ・は・す』シリーズでは通常製品だけでなくフレーバー製品、炭酸製品も併せて製造しています。

社長から社員まで320人が森林づくりを体験 コカ・コーラ社の工場水源保護活動にドローンで密着!

コカ・コーラ社は工場の水源となる麓共有林の203.23ヘクタールのエリアを「えびの城山 さわやか自然の森」と名付け、宮崎県、えびの市、西諸地区森林組合、麓共有林と協定を結んで森林づくりに取り組んでいるとのこと。

社長から社員まで320人が森林づくりを体験 コカ・コーラ社の工場水源保護活動にドローンで密着!

この日は、コカ・コーラ社の約320人の社員がえびの工場に集結。水源保護の活動を実際に体験します。

社長から社員まで320人が森林づくりを体験 コカ・コーラ社の工場水源保護活動にドローンで密着!

日本コカ・コーラ代表取締役社長のホルヘ・ガルトゥニョ氏も活動に参加。オープニングセレモニーでは、森林づくりを体験することが社員にとって「すばらしいコカ・コーラアンバサダーになる、いい機会になる」と述べ、「ガンバリマショウ」と日本語で呼びかけました。その後、ホルヘ社長は植樹作業に参加します。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2017年12月6日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら