アキバに来たら卵を買おう! アキバの老舗たまご専門店『荒木商店』

アキバに来たら卵を買おう! アキバの老舗たまご専門店『荒木商店』
■卵を最新の相場で売ってくれる

小売りでも、相場に即した価格で販売してくれるので、比較的安価で購入することが出来ます。お店によれば「卵の相場は1月が一番安いのでお得感があります」とのこと。過去の相場表を見ると3月から4月にかけてやや値上がりする傾向があるようですね。

アキバに来たら卵を買おう! アキバの老舗たまご専門店『荒木商店』

荒木商店で扱っているのは青森県八戸あすなろファームの「ひまわり」。他の鶏種よりも卵白濃度が高いため、ゆで卵にすると弾力豊かな仕上がりになります。卵黄の濃さも魅力的!

アキバに来たら卵を買おう! アキバの老舗たまご専門店『荒木商店』

筆者(卵好き)もこのハイライン・マリア種の卵を買い込み、煮卵やオムレツ、だし巻き卵、目玉焼きを試しましたが全体の弾力感と卵本来の持つ風味が際立ってました。

アキバに来たら卵を買おう! アキバの老舗たまご専門店『荒木商店』
アキバに来たら卵を買おう! アキバの老舗たまご専門店『荒木商店』
アキバに来たら卵を買おう! アキバの老舗たまご専門店『荒木商店』

荒木商店の卵はミシュランガイド掲載の某有名店にも卸されているというのも納得。アキバに来た皆さんには、是非とも卵の買い込みをおススメしたいです。

アキバに来たら卵を買おう! アキバの老舗たまご専門店『荒木商店』

荒木商店、朝は4時半から営業。午後は配達などがあるため不定休となります。営業日はカレンダー通りですが土曜は半日営業。確実に買いたい場合は午前中が良さそうです。(マイバッグ推奨)

■「変化しないから残っていられた」

今回、インタビューに応じてくれたのは嫁いでから60年間ずっと秋葉原に居るというおかみさん。

「(自分の)写真なんか恥ずかしいから」とお姿は撮らせていただけませんでしたが、代わりにと昭和10年(1935年)の秋葉原の地図を見せてくれました。

アキバに来たら卵を買おう! アキバの老舗たまご専門店『荒木商店』

秋葉原駅周辺から上野近辺まで記された地図には、確かに「荒木」の表記が。近くには『旅籠(はたご)町』という今は存在しない駅名も見受けられます。

アキバに来たら卵を買おう! アキバの老舗たまご専門店『荒木商店』

今なお、移り変わりの激しい秋葉原で昔のたたずまいを見せる荒木商店。「変化しないから残っていられた」と語るおかみさんのセリフが印象的でした。

アキバに来たら卵を買おう! アキバの老舗たまご専門店『荒木商店』
―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

当時の記事を読む

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年3月14日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。