えっ本当に?! 魔夜峰央『翔んで埼玉』が二階堂ふみ&GACKT主演で実写映画化

えっ本当に?! 魔夜峰央『翔んで埼玉』が二階堂ふみ&GACKT主演で実写映画化

埼玉県民以外はクスクス笑い、埼玉県民も悔しがりながらクスクス笑ってしまう、“埼玉ディス”漫画『翔んで埼玉』がまさかの実写映画化決定。二階堂ふみさんとGACKTさんW主演で、2019年に公開となります。

『翔んで埼玉』は、『パタリロ!』で知られる漫画家・魔夜峰央先生が1982年に発表した作品。魔夜氏が作品発表当時に埼玉県所沢市に住んでいたことから”埼玉”を題材に、「埼玉から東京に行くには通行手形がいる!」「埼玉県民はそこらへんの草でも食わせておけ!」「埼玉狩りだー!」など、真剣に埼玉をバカにする姿勢がSNSを中心に話題となり、2015年に発売された『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』は累計発行部数62万部を突破しています。

えっ本当に?! 魔夜峰央『翔んで埼玉』が二階堂ふみ&GACKT主演で実写映画化

東京都知事の息子であり、白鵬堂学院の生徒会長=エリートとして華々しく学生生活を送る、壇ノ浦百美(だんのうらももみ) 役には二階堂ふみさん。当初、原作の設定を変更し、女性にしてもよいかという意見も出ていたそう。最初に本人に相談した段階では、プロデューサーの若松氏も「女性に変えようかと思っている」と説明していたのですが、本を読んだ二階堂本人から、「これ、私が男性の役をそのまま演じたほうが面白くないですか?」と提案があったことで、原作の通り、名前も外見も女性っぽいのに、実は男性というキャラクターのままで進められること。

えっ本当に?! 魔夜峰央『翔んで埼玉』が二階堂ふみ&GACKT主演で実写映画化

そして、二階堂演じる百美が淡い恋心を抱く、容姿端麗でアメリカ帰り、でも実は埼玉県出身の転校生・麻実麗(あさみれい)。原作者も交えたキャスティング会議では、様々なアイディアを出し合う中で、満場一致で「なるほど!」となったのが、GACKTさん。本業の歌手活動はもちろんのこと、大河ドラマ 「風林火山」(2007)での上杉謙信役など俳優業としての活躍も目覚ましいGACKTに、原作の魔夜先生も大絶賛&太鼓判!とはいえ、いくらミステリアスな設定とはいえ、麻実麗は18歳の高校生という設定。「原作の魔夜さんのご指名なら……」と引き受けたGACKTさんも、自らが高校生役を演じてよいものかと思いながら、衣装合わせなどに挑んだとのこと。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ガジェット通信の記事をもっと見る 2018年4月9日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「虹色デイズ」のニュース

次に読みたい関連記事「虹色デイズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら