人気声優・梅原裕一郎が入院療養中の「急性散在性脳脊髄炎」ってどんな病気?

人気声優・梅原裕一郎が入院療養中の「急性散在性脳脊髄炎」ってどんな病気?

5月10日、人気若手声優の梅原裕一郎さん(27)が急性散在性脳脊髄炎のため入院していることを所属事務所が発表しました。

梅原さんは毎クール多くのTVアニメに出演し、イベントにも引っ張りだこの人気若手声優。所属事務所アーツビジョンの公式サイトには、「梅原裕一郎が【急性散在性脳脊髄炎】の為、現在、入院、療養をしております。一日でも早く皆様の前に元気な姿を見せられるよう治療に専念しておりますので、今しばらくお待ちいただけますよう、お願い申し上げます。復帰の時期につきましては、改めてご報告させて頂ければと思います」と綴られています。

梅原さんが発症した急性散在性脳脊髄炎(ADEM:アデム)とはどのような病気なのでしょうか? 

厚生労働省のホームページの重篤副作用疾患別対応マニュアルのページにも掲載されている、医薬品医療機器総合機構の文書によると、

<急性散在性脳脊髄炎とは>
原因がはっきりしない場合も多いですが、ウイルス感染後あるいはワクチン接種後などに生じる脳や脊髄、視神経の疾病です。

免疫力が強くなりすぎて逆に自分自身の体を攻撃する自己免疫という現象が起きていると考えられています。
神経線維を覆っている髄鞘(ずいしょう)が破壊される脱髄という現象が起きる疾患です。

と書かれています。ウイルス感染後、ワクチン接種後の副作用などの可能性が高いようです。自分自身で予防することは難しそうですね。

また、

ワクチン接種後の場合は1~4週間以内に発生することが多く、発熱、頭痛、意識が混濁する、目が見えにくい、手足が動きにくい、歩きにくい、感覚が鈍いなどの症状がある場合にはこの疾病の可能性があります。

重い後遺症を残す場合も多く、死亡率も高い疾患です。特にワクチン接種後の場合は他の場合に比較してその後の経過が悪い傾向があります。

髄液検査やMRIにて診断がつく場合が多いのですが、検査所見に異常が認められない場合もあります。その場合には症状の経過や神経所見のみでとりあえずの診断をしますが、別の疾病の可能性も慎重に検討する必要があります。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ガジェット通信の記事をもっと見る 2018年5月11日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「声優」のニュース

次に読みたい関連記事「声優」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「吉沢亮」のニュース

次に読みたい関連記事「吉沢亮」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。