球児の酷使に警鐘を鳴らす橋下徹氏 「選手寿命をどれだけ縮めたのかを科学的に明らかにすべき」

球児の酷使に警鐘を鳴らす橋下徹氏 「選手寿命をどれだけ縮めたのかを科学的に明らかにすべき」
拡大する(全1枚)

21日、夏の甲子園大会決勝が開催され、大阪桐蔭(北大阪)が13-2で金足農業(秋田)を破り、史上初となる2度目の春夏連覇を達成した。決勝まで5試合連続完投した金足農のエース吉田輝星投手はこの日、5回132球でマウンドを降り、今大会6試合で計881球を投げ抜いた。

22日、前大阪市長で弁護士の橋下徹氏が自身の『Twitter』を更新。「大阪桐蔭と金足農業のメンバーには敬意。」と両校を讃えつつも、「しかし金足農業の吉田選手を美談で終わらす間は、日本のスポーツ界に未来はない。吉田選手にどれだけの負担がかかり、選手寿命をどれだけ縮めたのかを科学的に明らかにすべき。それくらいのことができないなら日本のスポーツ科学論は役立たず。」と、吉田投手の連投を美談として語ることに疑問を呈した。

“球数制限の導入”については専門家でも意見が分かれるところだが、同ツイートのリプライ欄には橋本氏に同意する意見が多く集まったほか、「球数制限よりもこの酷暑の時期に野球をさせるのを止めさせるべきですね」「単純に準決勝と決勝が連日っていうのもどうかと思います」といった試合環境や投球間隔を疑問視する声も。

なお、12日に行われた星稜(石川)と済美(愛媛)の一戦では、済美のエース山口直哉投手が延長13回を一人で投げ切り、184球を完投。この時も橋本氏は、「投球数制限は直ちに導入すべき。こんな不合理・非科学的なことをやり続ける国は、前近代的野蛮国家だ。さらに練習日数・練習時間制限を導入して、決められた練習時間でいかに結果を出すかを切磋琢磨させるべき。」と警鐘を鳴らしていた。

※画像は『Twitter』(@hashimoto_lo )より引用。

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

当時の記事を読む

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年8月22日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。