「禅とマインドフルネスの関係性」上場企業社長から禅僧に転身した島津先生に教えてもらった!

「禅とマインドフルネスの関係性」上場企業社長から禅僧に転身した島津先生に教えてもらった!

故スティーブ・ジョブズをはじめ、シリコンバレーの起業家たちがこぞって「禅」や「マインドフルネス」を実践していることで、その波は逆輸入という形で日本にもやって来ています。

「禅とマインドフルネスの関係性」上場企業社長から禅僧に転身した島津先生に教えてもらった!

と語るのは、若くしてスターツピタットハウスという上場企業の社長まで上り詰めたのに、そのポジションをあっさりと手放して独立企業、その年に曹洞宗で出家得度した島津清彦さん。現在は、大手企業を中心に禅を取り入れたコンサルティングを行う一方で、修行を続ける禅僧という二つの顔を併せ持つ島津さんに、前回のインタビューに続いて初心者のための禅のプチ講座を開いていただきました!

▼第1回インタビュー:ビジネスの問題解決に“禅語”が良い理由
https://getnews.jp/archives/2080756

「禅とマインドフルネスの関係性」上場企業社長から禅僧に転身した島津先生に教えてもらった!

———ビジネスパーソンやアスリートに人気の「禅」は、いつ頃始まったのですか?

仏陀が坐禅して悟りを開いたのが今から2500年前なのですが、ここから始まりました。インドで生まれ、中国で育ち、日本で開花した「禅」は今、「ZEN」や「マインドフルネス」に変容し、世界中でブームとなっていますね。

———「禅」は国籍を超えてあらゆる人種の人に受け入れられていますが、一体「禅」とはどんなものでしょうか?

まず、禅の歴史を簡単にお話しましょう。仏陀の説く教えには四つの真理「四諦(したい)」があって、一つ目に「苦締(人生は苦しみである)」があります。二つ目に「集締(その苦しみには原因がある)」、三つ目に「滅締(苦しみは消すことができる)」、四つ目に「道締(消すには方法・道がある)」という言葉があります。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2018年10月16日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。