野鳥としては世界最高齢? 68才のコアホウドリが卵を産む

野鳥としては世界最高齢? 68才のコアホウドリが卵を産む

長寿のめでたさを例えたことわざ「鶴は千年亀は万年」にあるように、大型の鳥や亀はとても長い時間を生きることで知られているが、この度、少なくとも68才のコアホウドリが子育てをしていることが確認された。

アメリカ合衆国魚類野生生物局(USFWS)によると、そのコアホウドリは推定68才で、野鳥としては世界最高齢だという。ウィズダム(知恵)と名付けられた彼女は、1956年にミッドウェー環礁で初めて足環標識を着けられた時点で推定5才だったというから、実際には68才よりももっと長生きしているかもしれない。

ウィズダムとパートナーのアケアカマイ(Akeakamai/ハワイ語で哲学の意味)は2006年から毎年、この時期にミッドウェー環礁の営巣地に戻ってきていたが、今年も11月末に抱卵を確認したという。

コアホウドリは翼を広げると2メートルにもなる大型の鳥で、ミッドウェー環礁の集団繁殖地には毎年11月から12月になると100万羽以上が集まってくる。1956年に鳥類学者のチャンドラー・ロビンズ氏に足環を着けられた時、ウィズダムは同様に足環を着けられた8400羽のコアホウドリのうちの1羽にすぎなかった。しかし46年の時を経て、不思議な運命がロビンズ氏とウィズダムを再び引き合わせることになる。通常、アルミニウムの足環は20年もすると腐食してボロボロになってしまうが、幸運なことにウィズダムの足環は絶え間なく着け替えられていたために、ロビンズ氏は自分が以前足環を着けた鳥だと分かったのだ。毎年同じ鳥の足環を着け替えられていたなら、もっと高齢の鳥も見つかっていたかもしれない。

...続きを読む

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2018年12月7日のマンガ・アニメ記事
「野鳥としては世界最高齢? 68才のコアホウドリが卵を産む」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    高齢という認識が間違ってる!概念にとらわれて人間の物差しで計れるほど自然の営みは小さくない。

    3
  • 匿名さん 通報

    子供の頃、生物学者の嘘に驚いた。「皮膚に光が当たってだんだん凹んで目になった」馬鹿か、、。水晶体・網膜・視神経・脳、全ての連携が一斉になされなければ目は意味をなさない。

    0
  • 匿名さん 通報

    いまどき進化論なんて信じているのは情弱ばかりだよ

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。