映画『翔んで埼玉』の埼玉愛が止まらない!主題歌に続いて劇中歌にも「なぜか埼玉」が使用されている件

映画『翔んで埼玉』の埼玉愛が止まらない!主題歌に続いて劇中歌にも「なぜか埼玉」が使用されている件

魔夜峰央原作の『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(宝島社)が二階堂ふみさん・GACKTさんのW主演で実写映画化。2019年2月22日に全国公開となる。

実写映画化のニュースを皮切りに、追加キャスト発表、ビジュアル解禁、ポスター・予告解禁など、追加情報が発表される度に、急上昇ワード、トレンド入りを果たしSNSを中心に大きな話題となっている本作。そんな注目作に、さいたまんぞうが歌う「なぜか埼玉」(フォーライフミュージックエンターテイメント)が重要な役割として、劇中に使用されていることが判明!

“さいたまんぞう”をご存じない人も多いだろう。さいたまんぞうとは1980年代に味のあるコミックソングで一躍有名になった歌手であり、タレント、野球審判でもある人物(ちなみに名前の読み方は、さいた・まんぞうと、「た」と「ま」の間に一呼吸置くのが良いそうだ)。

高校卒業を機に上京。たまたまバンドの先輩が、「演歌のこぶしが付けられない奴に歌わせる」という制作意図でつくられた楽曲を、当時青春歌謡しか知らなかった彼が歌うことになった。それが、『なぜか埼玉』という曲である。

メロウなメロディーに合わせて、特に埼玉の名所を歌うでも、埼玉への愛をうたうでもなく、ただただ「埼玉」というワードを織り交ぜた歌詞が繰り広げられるのが特徴だ。1981年のリリース後、タモリのオールナイトニッポンで取り上げられ話題になり、12万枚のセールスを記録。その後、彼は埼玉にゆかりのある歌を何曲か歌うことになる。『埼玉オリンピック音頭』、『なぜか埼玉海がない』、『雨の埼玉』等、とにかく埼玉の名を冠したものばかり。だが、そんな彼の出身地はまさかの「岡山県」という、とにかく不思議な人物がさいたまんぞうさんなのだ。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「虹色デイズ」のニュース

次に読みたい関連記事「虹色デイズ」のニュースをもっと見る

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月9日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。