インフルエンザウイルスの新薬「ゾフルーザ錠」について(吉岡医院)

インフルエンザウイルスの新薬「ゾフルーザ錠」について(吉岡医院)
拡大する(全2枚)

今回は『吉岡医院』ブログより吉岡幹博さん執筆の記事からご寄稿いただきました。

インフルエンザウイルスの新薬「ゾフルーザ錠」について(吉岡医院)

10月になり秋が深まってきました。
1日1日と日が短くなり、
何となく寂しい気持ちになります。

早いもので今年も残すところ
あと3か月。
何となく気ぜわしくなってきました。

皆様は如何お過ごしでしょうか?



さて、
インフルエンザの季節が
近づいてまいりました。

医師会のメーリングリストでも、
ちらほらと患者さんの発生を告げる
報告がなされるようになりました。


ところで皆さんは、
今年の3月に新しいインフルエンザのお薬が、
発売されたのをご存知でしょうか。

名前は「ゾフルーザ錠」といいます。
多分ほとんどの方が
初めて聞かれる名前だと思います。


半年以上前の発売ですが、
3月ということでシーズン終盤であったので、
処方された方はほとんどいないと思います。


このお薬の最大の特徴は、
内服がたった1回でいいところです。


つまり薬局でお薬をもらい
その場でお水を借りて内服すれば、
治療終了です。

とても簡単です。
当たり前ですが、
飲み忘れはほぼゼロです。


皆様よくご存じの「タミフル」は、
1日2回の内服を5日間
行う必要があります。

大体数日で熱は下がるので、
治ったと思って飲まなかったり、
飲み忘れたりすることもあるようです。

しかし決められた用法・用量を守らなければ、
ウイルスが十分減少せず、
他の人に移してしまうこともあります。


この記事の画像

「インフルエンザウイルスの新薬「ゾフルーザ錠」について(吉岡医院)」の画像1 「インフルエンザウイルスの新薬「ゾフルーザ錠」について(吉岡医院)」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク