駅員への暴力シーズン到来!酔客続々!JR駅員はホントにつらいよ!

駅員への暴力シーズン到来!酔客続々!JR駅員はホントにつらいよ!

どうもどうも、特殊犯罪アナリストの丸野裕行です!

JR東日本がまとめたマナー違反に対する苦情や暴行事件の件数は、平成14年から増加し、駅員や乗務員に対する暴力行為は、平成29年度で、なんと656件。

加害者はかなり高い確率で飲酒後に暴力行為に及んでいたとのこと。同社は、師走からの忘年会・新年会シーズンに、私鉄、警察とタイアップして様々な車内暴力被害根絶のためのポスターを駅構内に貼りだすほどになった。

構内放送でも乗客のマナー向上を呼びかけ、駅員にはトラブルへの対応マニュアルや携帯防犯ブザーを配布までしている。しかし、このまとめは、関東圏でのお話。これが血の気の多い関西人が住む大阪ともなれば、さらに悪質になってくる。

駅員への暴力シーズン到来!酔客続々!JR駅員はホントにつらいよ!

今回お話をお聞きしたのは、源三郎さん(仮名、32歳)。鉄道職員に憧れ、鉄道会社に就職した彼は、関西の交通機関の中枢を担う駅の駅員として働いている。聞きしに勝る、駅での起こる暴力事件の数々を今回は語ってもらおう。

■駅員の1日に休むヒマなし

告白者/源三郎(仮名) 32才 大阪市在住 JR駅員
※証言に基づき再構成しています

オレが勤めるJR某駅は、1日の乗客数5万人弱、西日本でも主要駅として多くの利用者を持つ。鉄道科がある専門学校を卒業し、オレがこの会社に入学したのは12年前。まぁぶっちゃけると給料はあまりいいとはいえない。

各鉄道会社によって異なるが、短大・専門卒で約17万円程度の給料しかない。今でも手取り30万ほどで可もなく不可もなくといったところだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ガジェット通信の記事をもっと見る 2018年12月27日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。