『銃夢』実写映画化『アリータ:バトル・エンジェル』にダニー・トレホが出演していないのはなぜ? 大きな“目”の変化から機甲術のコンセプトまでロバート・ロドリゲス監督が明かす

『銃夢』実写映画化『アリータ:バトル・エンジェル』にダニー・トレホが出演していないのはなぜ? 大きな“目”の変化から機甲術のコンセプトまでロバート・ロドリゲス監督が明かす

木城ゆきと原作の漫画『銃夢』初の実写映画化作品『アリータ:バトル・エンジェル』が2月22日(金)より公開される。同作は、現在から数百年先の未来を舞台に、サイボーグの少女・アリータ(ローサ・サラザール)が自身の存在のルーツを求めて戦う姿を描いたSF作品。アリータをスクラップの中から救い出し、肉体を与えるサイバー医師・イドをクリストフ・ヴァルツが演じるほか、ジェニファー・コネリーや、マハーシャラ・アリらアカデミー賞俳優が大挙して出演するなど、破格のスケールで映像化されている。

『アバター』シリーズのジェームズ・キャメロンが25年前から構想してきた“悲願の企画”である本作。メガホンをとったのはキャメロンではなく、『デスペラード』『シン・シティ』『マチェーテ』シリーズのロバート・ロドリゲス監督だ。キャメロンが最初に書き上げた600ページにもわたる脚本をまとめあげ、そのイメージをどう具現化したのか?原作屈指のエピソード“モーターボール”を映像化した理由や、製作発表時から話題となったアリータの大きな“目”の調整、さらにはダニー・トレホとの意外な?関係まで、インタビューで語ってくれた。

『銃夢』実写映画化『アリータ:バトル・エンジェル』にダニー・トレホが出演していないのはなぜ? 大きな“目”の変化から機甲術のコンセプトまでロバート・ロドリゲス監督が明かす

――原作者の木城ゆきと先生とは、何度かお会いになられたそうですね。どういったお話をされたのでしょうか?

木城先生は『アリータ』のセットを訪問してくださいましたが、実はその前にもお会いしています。私とプロデューサーのジョン・ランドーの二人で日本を訪ねて、脚本やアートワークをお見せして、色々とアプルーバル(許可)をとったりしたので。木城先生は、『アリータ』の撮影現場を訪ねたのが、アメリカ初訪問だったそうです。そのときの表情が、フランク・ミラーが初めて『シン・シティ』のセットを見たときのそれと同じだったのを覚えています。自分の描いた世界が現実のセットになり、ローサ・サラザールが演じるのをご覧になって、木城先生は「アリータ(ガリィ)だ!」とおっしゃっていました。先生がとても幸せそうだったのを見て、私もすごくハッピーでした。というのも、私のキャリアも漫画(※編註:テキサス大学時代に『Los Hooligans』というコミックを描いている)から始まっていますし、映画もなるべく原作に忠実に仕上げたいと思っているからです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ガジェット通信の記事をもっと見る 2019年2月21日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「実写化」のニュース

次に読みたい関連記事「実写化」のニュースをもっと見る

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。