一松役・福山潤「同窓会に誘ってほしい!」と明かす 『おそ松さん』シリーズ通しての変化は自分の実感を入れて喋るようになったこと

一松役・福山潤「同窓会に誘ってほしい!」と明かす 『おそ松さん』シリーズ通しての変化は自分の実感を入れて喋るようになったこと

TVアニメ『おそ松さん』の完全新作劇場版『えいがのおそ松さん』が、ついに3月15日より全国公開! 『えいがのおそ松さん』は、クズでニートないつも通りの大人の6つ子たちが同窓会に行ったことがきっかけとなり、迷い込んだ不思議な世界で18歳(高校生)の6つ子と出会う物語。

一松役・福山潤「同窓会に誘ってほしい!」と明かす 『おそ松さん』シリーズ通しての変化は自分の実感を入れて喋るようになったこと

ビジュアルはすでに解禁となっていますが、高校3年生の6つ子たちは、大人の6つ子と少しキャラが違う! 今回は、皮肉屋で根暗な四男・一松役の福山潤さんにインタビュー。

18歳の一松を演じた感想や、TVアニメシリーズを通しての変化、福山さん自身の学生時代の思い出についても伺いました。

一松役・福山潤「同窓会に誘ってほしい!」と明かす 『おそ松さん』シリーズ通しての変化は自分の実感を入れて喋るようになったこと
■18歳の一松は自分と似ているところがあった

――初の劇場版ということで、最初に台本を手にした時は、やはりワクワクした気持ちで開いたのでしょうか?

福山:何をやらされるんだろう?が1つと、ちゃんとお客さんが納得いくようなものになるのだろうか?という、恐怖と不安が先でした(笑)。『おそ松さん』はTVシリーズからずっとそうだったのですが、台本を読んだだけじゃよくわからない。ストーリーはもちろんわかっていますし、どういう構成かも情報としてもらうんですが、みんなと一緒にアフレコして初めて「このシーンはこういう面白さになるんだ!」といった発見が必ず現場にあります。だから、それを計算して作っている藤田陽一監督と(脚本を担当している)松原秀さんはすごいなと思います。

――他の作品も台本を読んで恐怖感を感じることはあるのですか?


あわせて読みたい

気になるキーワード

ガジェット通信の記事をもっと見る 2019年3月14日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「武田真治」のニュース

次に読みたい関連記事「武田真治」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「氷川きよし」のニュース

次に読みたい関連記事「氷川きよし」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「郷ひろみ」のニュース

次に読みたい関連記事「郷ひろみ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。